[リストへもどる]
一括表示
タイトルモチベーション
記事No3821
投稿日: 2017/09/17(Sun) 16:10
投稿者みお
はじめまして。みおと申します。

単刀直入にお聞きします。



藤原さんの”モチベーションの源泉”はなんですか?

タイトルモチベーションの源泉
記事No3822
投稿日: 2017/09/17(Sun) 17:37
投稿者カズ
> 藤原さんの”モチベーションの源泉”はなんですか?

 面白いこと(とりわけ、起こりそうもないことを起こす)をやり続けることかなあ・・・私のチーム(150人くらいいる各方面で力のある応援団)にとってもサプライズがあることに挑戦すると、彼らが面白がって助けてくれますからね。

 また、このところ校長という役割が気に入っているのは、中学生、高校生という伸び代のある子供達が日々成長することに加担すると、逆に、エネルギーをもらえるからだと思います。

 どうやったら面白くなり、エネルギーが渦巻いて協力者の意識をひきつけられるか?

 一つ例を示せば、今度、一条高校の副章(コロンブスのサンタマリア号をデザイン化したフロンティア精神の象徴)をワンポイント胸に付したニットのベストとセーターを生徒用に作ったのですが、一つだけサンプルを作って昨年秋から半年間私自身が着て歩いていたら、生徒だけでなく、保護者やOBOG、さらには先生たちからも「それ、どこで売ってるんですか?」の声が。

 ハリーポッターの様で、カワイイってことに。
 http://www.naracity.ed.jp/ichijou-h/index.cfm/1,3260,html

 だったら、ネット通販でも販売してOBOGも買えるようにし、ファンを増やそう、と。買ってもらったら、1着につき1000円程度を「新講堂建て替え基金」に寄付してもらおう、と。
 http://ichilab.jp/ichijomaru/

 面白くするためには、このように掛け算して付加価値が増殖するように持っていく必要があります。多分、私は、その掛け算によって周囲の人々がサプライズしながらも納得出来る「納得解」を編み出す「情報編集力」が強いのでしょう。

 ということは、「情報編集力」が付加価値の源泉ということになります。
 ここでもエネルギーレベルが高くなる「掛け算」を上手くやるには「ベクトルの和」という考え方が欠かせないのですが、これは『負ける力』(ポプラ新書)で学んでください。
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591137368/yononakanet-22