[リストへもどる]
一括表示
タイトルトップの決断
記事No3854
投稿日: 2017/10/08(Sun) 07:55
投稿者USA
昨日、子供の保育園の運動会が予定されていました。結果的には雨で順延になりました。
しかし順延が決定されるまでには紆余曲折がありました。

6時半に園から運動会決行とのメールが届いたため、私も準備の応援に行きました。前夜から続く雨によりグランドはグシャグシャ、それに準備の最中も小雨が降っています。職員やお父さん、お母さんがみんな一緒になってタオルやスポンジで雨を吸い取っていました。総勢で100名は超えていたと思います。吸えども吸えども雨は降り続きます。みんな半ば「本当に開催できるのかな?」と思いながらも一生懸命に作業をしていました。

園長先生は決行の理由について、@天気予報では雨は弱まりやがて止むA予備日である来週も晴れるかわからない、といった2点を挙げておられました。

雨は降りながらも園長先生の指示のもと物品の搬出やテント設営などひと通り終えたところ、雨脚が一層強まったので一旦作業を中断させ、自宅待機となりました。10時頃に再度開催決定のメールが届き、11時に会場へ集合との指示でした。
11時に会場に行くと大勢の園児や保護者、職員が集まっていました。しかしコンディションは最悪で雨は降り続いているし、何よりグランドがグシャグシャです。小さい子供達をこんな雨の中でさせたくないというのが各保護者の本音だったと思います。

どうするのかなと、みんな園長先生の指示を待っていました。そしてアナウンスされたのは「中止にさせていただきます。」とのことでした。
先生方や応援に駆けつけた保護者の方々の苦労もあったので、特に大きなクレームはなかったのですが、「最初から順延の決断をしておけばそれで済んだ話なのに、なぜここにきて決断を二転三転させるのか」とみんな言っていました。

私は今回の一件でいろいろ考えさせられました。今回は運動会だったので良かったですが、仮にこれが災害や病気のケースであった場合、この園長先生は初期対応を適切に行えるのだろうかと考えてしまいました。
おそらくこの園長は判断基準がたくさんあったために迷ったと思います。
そのような場合、私の意見とすれば判断基準の中に優先順位を定めて、そこから決断をするべきだと考えます。
昨日の場合、プライオリティーは園児及び職員の健康管理です。予定通り開催するべきかどうかはその次です。仮に園児及び職員が体調を崩せばその影響は計り知れません。職員の方は着替えもせずずっと作業にあたられていたのでおそらく風邪をひいているでしょう。
トップの初期対応の誤りが運動会においてさえここまで大事になったことに驚きました。

藤原さんはトップとして決断を迫られることが多々あると思います。判断に迷われたとき、基準にしていることは何かございますでしょうか?

タイトルRe: トップの決断
記事No3856
投稿日: 2017/10/08(Sun) 08:39
投稿者カズ

> 先生方や応援に駆けつけた保護者の方々の苦労もあったので、特に大きなクレームはなかったのですが、「最初から順延の決断をしておけばそれで済んだ話なのに、なぜここにきて決断を二転三転させるのか」とみんな言っていました。

 難しいですねえ・・・私は土曜日は仲間とテニスだったのですが、前日の予報で朝までには止むからGOだ(奈良のテニスコートだったのですが、大阪と神戸からも呼んでいる)と打ち合わせていたのですが、朝になっても降ってました。やんだのは直前、もう止められないので同じようにコートの水たまりを少し書き出して7人が集合。結局12時までやっちゃいました。

 その前日、金曜日は、一条高校の体育大会で、同じような予報下(雨80%以上)これは1000人以上の生徒と数百人の保護者が関わるので朝6時時点で中止に。かなり遠くから来る生徒もおり、南部では激しい雨も予想されたからです。通常授業だったのですが、午前中の早い時間は曇りで「おっと、できたかなあ・・・」と密かに思っていたら、11時頃から降りだして激しくなりました。副校長以下、大会に関わる先生たちの判断が正しかったのです。

> 昨日の場合、プライオリティーは園児及び職員の健康管理です。予定通り開催するべきかどうかはその次です。仮に園児及び職員が体調を崩せばその影響は計り知れません。職員の方は着替えもせずずっと作業にあたられていたのでおそらく風邪をひいているでしょう。
> トップの初期対応の誤りが運動会においてさえここまで大事になったことに驚きました。

 初期対応の誤り・・・だったのかなあ。
 まあ、いろんな見方がありますね。

> 藤原さんはトップとして決断を迫られることが多々あると思います。判断に迷われたとき、基準にしていることは何かございますでしょうか?

 スイマセンが、こういう一般的な質問には答えないようにしています。ケースによって八百万だからです。
 貴重なケースの共有、ありがとうございます!

タイトルRe^2: トップの決断
記事No3858
投稿日: 2017/10/08(Sun) 10:27
投稿者USA

>  難しいですねえ・・・私は土曜日は仲間とテニスだったのですが、前日の予報で朝までには止むからGOだ(奈良のテニスコートだったのですが、大阪と神戸からも呼んでいる)と打ち合わせていたのですが、朝になっても降ってました。やんだのは直前、もう止められないので同じようにコートの水たまりを少し書き出して7人が集合。結局12時までやっちゃいました。

私もテニスをするのでお気持ちはよくわかります。前日の晩から楽しみでそわそわするので、少々の雨ではなかなか中止という決断はしにくいものです(笑)

>  その前日、金曜日は、一条高校の体育大会で、同じような予報下(雨80%以上)これは1000人以上の生徒と数百人の保護者が関わるので朝6時時点で中止に。かなり遠くから来る生徒もおり、南部では激しい雨も予想されたからです。通常授業だったのですが、午前中の早い時間は曇りで「おっと、できたかなあ・・・」と密かに思っていたら、11時頃から降りだして激しくなりました。副校長以下、大会に関わる先生たちの判断が正しかったのです。

昨日の運動会には最終的には少なくとも200人は集まっていたかと思います。何より不憫だったのは、職員の方々です。
私たち保護者はドロドロにはなりましたが、一度自宅待機だったのでシャワーを浴び着替えることもできましたが、職員の方々は大変だったと思います。普段お世話になっている先生方が雨の中苦労している姿を見るのは忍びありませんでした。

昨日の出来事は自分にとってもいい教訓になりました。