[リストへもどる]
一括表示
タイトル本を読む理由
記事No3889
投稿日: 2017/10/31(Tue) 21:28
投稿者USA
本を読む理由は人それぞれいろいろあると思います。
でも僕は今日あることがきっかけで自分の中で腑に落ちる理由を見つけることができました。

それは郵便ポストを家の近くで見つけたことがきっかけです。
結婚式の案内状が届いたので参加する旨の返信用ハガキをポストに入れようとしたのですが、「あれ?ポストって家に近くにあったかな?」と、ふと思いました。普段ポストなんて意識していないのですぐには思い当たらなかったのですが、なんということはなく家のすぐ近くにありました。
ここで僕はあることを考えました。
「普段気付かずスルーしているポストも自分が意識するだけでその存在に気付くことができた。逆に言えば普段から注意深く関心を持っていないと多くのことを見過ごしているのではないか」ということです。

これは本を読む理由にも繋がるのではないでしょうか。
例えば僕はソロモンの偽証を読んで「なぜ自殺はいけないのか?」と考えました。それまで自殺の是非について深く考えたことはなかったのですが、この本を読んだことでなぜ自殺はいけないのだろうと素朴な関心が出てきたのです。
もちろん他の本についても同様です。今まで全く関心がなかったことについて、本を読むことで自分の視野や関心が広がり、新たに気付くことも増えていく。その行為が自分の世界を広げることに繋がるから本を読むことには大きな意義があるのではないかと思ったのです。

もちろん本を読む理由に正解などはないし人それぞれなのでしょうが、最近やたらめったら本を読むのでこんな哲学的なことにも関心が芽生えたのかもしれません。