[リストへもどる]
一括表示
タイトル脳を止めない授業をやってみました!
記事No3901
投稿日: 2017/11/07(Tue) 21:26
投稿者ももも < >
藤原先生

こんにちは。
何度か投稿させていただいているもので、
社会人に対しての金融教育を行っております。

生徒の脳を止めないために、c-learningと同じような形で、
スマホでいつでも質問ができる状態を作ってみました。

感想としては、ものすごく良かったです!
楽しいと言ってくれるかたもすごく多かったし、より習熟度上がっていると実感しました。
ありがとうございました!!

ただし、実際の全体への導入に関して2点課題を超えなければいけないなぁと思い、実際に導入時に行った工夫など事例があればお伺いできると嬉しいです。

1、
いろいろな種類の質問がたくさん集まることにより、
先生としては素早く的確に答えられる対応力が必要になると感じたのですが、
各先生へのc-learningの対応方法の訓練を別で行ったりしましたか?

藤原さんの各動画の中にも誰がアクティブラーニングを教えることができるのか?という話題が上がることがありますが、
まずは各先生に目的を伝えて、まずは生徒と一緒に授業を受けてもらって使い方を理解してもらう予定では考えています。


2、
また、意見を集めることによって思いもよらぬ方向にいくこともあり、
ついついメインのテーマを終える前に時間が来てしまうこともあるのかなと思うのですが、
時間管理上で工夫されていることはありますか?

ちなみに今回は、
「株式投資」の話をしているのに、
授業中に藤原さんの本をいくつか紹介していたので、

「はじめて読む藤原さんのおすすめ本はなんですか?」

という質問があって、ついつい熱が入ってしまい20分も藤原さんの話をしてしまいました。
もちろんすべてを株式投資に繋げて話しているので満足度も習熟度も上がるので最高なんですが、その分時間が足りなくなってしまいまして・・・
なにか意識されていることがあればお伺いできるとうれしいです!

タイトルRe: 脳を止めない授業をやってみました!
記事No3902
投稿日: 2017/11/07(Tue) 22:46
投稿者カズ
> 1、
> いろいろな種類の質問がたくさん集まることにより、
> 先生としては素早く的確に答えられる対応力が必要になると感じたのですが、
> 各先生へのc-learningの対応方法の訓練を別で行ったりしましたか?

 たくさん上がってくる意見/質問を素早く読む処理能力と、その中で何を採り上げて授業を立体化するかの編集能力が問われます。
 慣れれば速くなるでしょう。全く触れない情報の方が多い(場合によっては90%から99%捨てざるをえない)のです。それでも、生徒は発信したことで思考力をつけていきます。
 ツイッターでも流しましたが、以下のような読み方になります。
 https://www.youtube.com/watch?time_continue=1305&v=1oHEE203hOY

> 2、
> また、意見を集めることによって思いもよらぬ方向にいくこともあり、
> ついついメインのテーマを終える前に時間が来てしまうこともあるのかなと思うのですが、
> 時間管理上で工夫されていることはありますか?

 上記ユーチューブを見ればわかると思いますが、ブレストは1〜2分ですし、Cラーニングでの記入は2〜3分以内です。これも、生徒が慣れてくれば、速く打てるようになりますから。

タイトルRe^2: 脳を止めない授業をやってみました!
記事No3903
投稿日: 2017/11/08(Wed) 11:48
投稿者ももも < >

>  たくさん上がってくる意見/質問を素早く読む処理能力と、その中で何を採り上げて授業を立体化するかの編集能力が問われます。
>  慣れれば速くなるでしょう。全く触れない情報の方が多い(場合によっては90%から99%捨てざるをえない)のです。それでも、生徒は発信したことで思考力をつけていきます。
>  ツイッターでも流しましたが、以下のような読み方になります。
>  https://www.youtube.com/watch?time_continue=1305&v=1oHEE203hOY

動画拝見しました!
イメージつきました。ありがとうございます!
いろいろな授業に役立てそうです!

よのなか科の公開授業にも、
来年の日程でお邪魔したいと検討しています!

その際はぜひよろしくお願い致します。