[リストへもどる]
一括表示
タイトル昭和史
記事No4091
投稿日: 2018/03/22(Thu) 23:32
投稿者USA
『昭和史1926-1945』
『昭和史1945-1989』
(平凡社ライブラリー)半藤一利

全巻合わせて1000ページを超える大作です。
これはもう必読書だと思います。特に若い方は読むべきだと思います。

一度時代が動きだせばその流れを止めることは容易ではありません。そうなる前に歴史を学び同じ過ちは繰り返さないということが人類の叡智であると望んでやみません。

タイトルRe: 昭和史
記事No4092
投稿日: 2018/03/24(Sat) 06:50
投稿者カズ

 はい、これは必読かも。

 これと合わせて、なぜ太平洋戦争に日本は突入したのか、どうして、(今考えたらですが)そんな馬鹿な真似をしたのか、についてきちっと回答を得られる本は少ないのですが、加藤陽子さんが出色なんですね。
 
 小林秀雄賞受賞作の『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(新潮文庫)と『戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗』(朝日出版社)を付記しておきます。