[リストへもどる]
一括表示
タイトルPTAと町内会の近似性
記事No4112
投稿日: 2018/04/08(Sun) 21:45
投稿者ようへい
藤原先生

ご無沙汰しております。

大仏の次の一手以来21回目の投稿をさせていただく ようへい です。

2018年も新年度が始まり、町内会も新年度が開始となり本日参加してまいりました。
町内会といえば、班長は、輪番制で、会長などの役職は、ババ抜きで
参加者の方で助けが見込める方は皆高齢化しています。

誰もが自分の任期が、ただ無難に過ぎることのみを祈っているような状況で若い世代は面倒に巻き込まれたくない気持ちが強いのか加入率も減少の一途です。

東北震災でコミュニティの大切さが確認されたことが、既に遠い過去のようです。涙

社会や生活がこれだけ大きく変化して、会話なく1日が完結できるような利便性の高い世の中で、町内会やPTAのババ抜き類似ボランテア組織は絶滅危惧しよのように感じています。

これらの組織の時代に合わせたモデルチェンジを行なって、町内会の役員になりたい人が多くて、くじ引きで外れた人が悔しがり、当たった人がガッツポーズするような組織にできないか考えています。

よのなか科の授業で

希望者が殺到する 町内会 PTA をアクティブラーニングすれば熱そうですね。

今年度も宜しくお願い致します。