[リストへもどる]
一括表示
タイトルいつか見たいと想い描いていた日が訪れた
記事No4134
投稿日: 2018/04/16(Mon) 06:15
投稿者立花貴
参照先http://ameblo.jp/tachibana87
震災当時の小学6年生がこの春高校を卒業しモリウミアスに入社

生まれた川のにおいを覚えてい
る鮭のように故郷に戻ってきてくれた若者

自然の循環、循環する暮らしの体験ができる
モリウミアスで地域の人の循環が生まれたとき

ブログ更新しました

タイトル震災当時の小学生がモリウミアス入社
記事No4135
投稿日: 2018/04/16(Mon) 11:57
投稿者カズ
> 震災当時の小学6年生がこの春高校を卒業しモリウミアスに入社
>
> 生まれた川のにおいを覚えてい
> る鮭のように故郷に戻ってきてくれた若者

 これはいい話だなあ・・・素晴らしい!
 和田中でも土曜寺子屋(ドテラ)出身者が大学生になって教職課程を取り、続々とドテラの学生ボランティアに戻ってきました。

 コミュニティになったかどうかの条件は、この循環が始まることと、同志の間に結婚するカップルが出て子供が生まれ、その子がまた入学したり、ボランティアに来たりすることでしょうね。