[リストへもどる]
一括表示
タイトル日本の戦争力
記事No4248
投稿日: 2018/06/15(Fri) 12:24
投稿者USA
『日本の戦争力』(新潮社)小川和久

軍事に関する日米関係がQ&A形式で実にわかりやすく説明されています。日本の領土に米軍基地が何基あり、また軍用機が何台でその性能はどんなものかなど具体的な数字を示すことでアメリカにとって日本がいかに戦略的に重要であるかを説明しています。
一方日本は憲法上軍隊や武力を保持できない中で、領土領海が侵略される恐れが現実にあります。日本にとっては対外抑止力はどうしても必要です。
アメリカにとって日本は最重要戦略的根拠地、日本にとってアメリカの軍事力は最大の対外抑止力。このように完全に利害関係が一致していることから、不必要に日本がアメリカに対し卑屈になる必要はないと著者は説きます。
日米の軍事関係について論旨がしっかりしていてとても理解が深まります。

『本を読む人だけが手にするもの』(日本実業出版社 藤原和博)の推薦本50冊のうち30冊目の書評