[リストへもどる]
一括表示
タイトル死体とご遺体
記事No4262
投稿日: 2018/06/23(Sat) 00:44
投稿者USA
『死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い』(平凡社新書)熊田紺也

恥ずかしながら僕はこの本を読むまで「湯灌師」という職業を知りませんでした。「湯灌師」とはご遺体を浴槽に入れて洗ったり、化粧をするなど綺麗に身支度を整え、葬儀に送り出すお仕事です。
一言でそうはいってもご遺体にはいろいろな事情があり、自然死もあれば自殺、事故死など亡くなられる理由は様々です。そして著者が語る体験はリアルそのもので僕は読んでいるうちにどんどんそのリアルに引き込まれました。
読後、放心状態になったのは初めてです。

『本を読む人だけが手にするもの』(日本実業出版社 藤原和博)の推薦本50冊のうち32冊目の書評

タイトルRe: 死体とご遺体
記事No4263
投稿日: 2018/06/23(Sat) 19:42
投稿者カズ
> 『死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い』(平凡社新書)熊田紺也

 映画「おくりびと」の原作ではないが、根っこのような本です。
 https://movies.yahoo.co.jp/movie/おくりびと/330042/