[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe: 低学年からの統計学の教育について
記事No3826   [関連記事]
投稿日: 2017/09/20(Wed) 20:25
投稿者カズ
> 統計教育の低学年層『高から中 中から小』への移行化について、その真意を教えてください。
>
> 文科省は今度どのようなことを目指して、英語教育に加えて統計学まで早い段階から教えようとしているのでしょうか。

 統計を学ぶようになるのは、低学年ではなく小学校6年生です。

 プログラミング教育も英語のようにやがて必修化されるかも。両者とも、AI時代への対応ということでしょうね。私はデータの扱いに強い子を早期から伸ばすのはいいけれど、全員必修ではないんじゃあないか、と考えています。以下のインタビューを参照してください。
 https://www.saison-chienowa.jp/articles/BP9yfyLH?page=1

 文科省というより、時の政権というのは、その時々の流行に合わせて「環境教育」「ICT/情報教育」「福祉ボランティア教育」「国際理解教育」「食育」「消費者教育」「起業家教育」・・・というようにレッテル付きの「**教育」を無限に下ろしてくるものなのです。

 教育症という名の病です(笑)。

 「思いやり」や「公共心」、「郷土愛」あるいは「愛国心」でさえも、教科書を作って配布し、50代のベテランが引退し20代の未経験者がどんどん増えてる現場で教師が黒板を背に教えれば、習得可能だと勘違いしてるようですね。先生が「思いやれ!」と教えると、児童生徒が「はい、思いやり、入りました」となる、と・・・。

 本当は、新しいものに一つ力を入れたいんだったら、前に掛け声をかけたレッテルについては2つくらい「もう、やらないでいいよ」とスクラップするべきなんですけどね。

タイトル低学年からの統計学の教育について
記事No3825   [関連記事]
投稿日: 2017/09/20(Wed) 14:05
投稿者ひで
藤原先生

統計教育の低学年層『高から中 中から小』への移行化について、その真意を教えてください。

文科省は今度どのようなことを目指して、英語教育に加えて統計学まで早い段階から教えようとしているのでしょうか。

タイトル第5回 ツール・ド・東北開催。4000人のライダーが三陸を駆け抜けました。ブログ更新しました。
記事No3823   [関連記事]
投稿日: 2017/09/18(Mon) 06:59
投稿者立花貴
参照先http://ameblo.jp/tachibana87
第5回 ツール・ド・東北開催。
4000人のライダーが三陸を駆け抜けました。
今年も雄勝エイドでは水揚げしたばかりの
雄勝産活帆立を浜焼きで提供しました。
ブログ更新しました。

タイトルモチベーションの源泉
記事No3822   [関連記事]
投稿日: 2017/09/17(Sun) 17:37
投稿者カズ
> 藤原さんの”モチベーションの源泉”はなんですか?

 面白いこと(とりわけ、起こりそうもないことを起こす)をやり続けることかなあ・・・私のチーム(150人くらいいる各方面で力のある応援団)にとってもサプライズがあることに挑戦すると、彼らが面白がって助けてくれますからね。

 また、このところ校長という役割が気に入っているのは、中学生、高校生という伸び代のある子供達が日々成長することに加担すると、逆に、エネルギーをもらえるからだと思います。

 どうやったら面白くなり、エネルギーが渦巻いて協力者の意識をひきつけられるか?

 一つ例を示せば、今度、一条高校の副章(コロンブスのサンタマリア号をデザイン化したフロンティア精神の象徴)をワンポイント胸に付したニットのベストとセーターを生徒用に作ったのですが、一つだけサンプルを作って昨年秋から半年間私自身が着て歩いていたら、生徒だけでなく、保護者やOBOG、さらには先生たちからも「それ、どこで売ってるんですか?」の声が。

 ハリーポッターの様で、カワイイってことに。
 http://www.naracity.ed.jp/ichijou-h/index.cfm/1,3260,html

 だったら、ネット通販でも販売してOBOGも買えるようにし、ファンを増やそう、と。買ってもらったら、1着につき1000円程度を「新講堂建て替え基金」に寄付してもらおう、と。
 http://ichilab.jp/ichijomaru/

 面白くするためには、このように掛け算して付加価値が増殖するように持っていく必要があります。多分、私は、その掛け算によって周囲の人々がサプライズしながらも納得出来る「納得解」を編み出す「情報編集力」が強いのでしょう。

 ということは、「情報編集力」が付加価値の源泉ということになります。
 ここでもエネルギーレベルが高くなる「掛け算」を上手くやるには「ベクトルの和」という考え方が欠かせないのですが、これは『負ける力』(ポプラ新書)で学んでください。
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591137368/yononakanet-22

タイトルモチベーション
記事No3821   [関連記事]
投稿日: 2017/09/17(Sun) 16:10
投稿者みお
はじめまして。みおと申します。

単刀直入にお聞きします。



藤原さんの”モチベーションの源泉”はなんですか?

タイトルRe: [よのなか]科の風、沖縄から その74
記事No3820   [関連記事]
投稿日: 2017/09/16(Sat) 06:15
投稿者カズ

 久しぶりです。
 門林先生にも、ご案内しておいてください。

 一条高校で何をやっているか、11月24日に中間報告があります。
 http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1500512557336/index.html

 9月30日の「よのなか科」には、森先生が来るようです。

タイトル[よのなか]科の風、沖縄から その74
記事No3819   [関連記事]
投稿日: 2017/09/16(Sat) 01:51
投稿者あーりー
こんにちは、沖縄のあーりーです。

興南中学校が取組んでいる次世代型総合学習「まなVIVA」。
中学生が株主に出資してもらい「株式会社」を設立して
ヤギを使ったスイーツ商品の開発に取り組んでいます。

▼興南中生が“ヤギスイーツ”開発 あす校内販売(琉球新報2017年9月15日)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-575621.html

↓以下は、門林先生のFacebookより引用して紹介します。

「もしも中学生が起業したら…第3弾〜ヤギ編〜」
今年も興南の総合学習で中学生たちと起業しています。
今年のテーマは「山羊」。そう、ヤギ。
地位産業活性化のため、ヤギ商品を提供する中学生だけの株式会社を起業。
ヤギは沖縄を代表する郷土料理。
沖縄に来たばかりに初めて食べたヤギ汁の衝撃が忘れられず(笑)、
ブタ・トリと来て、静かにブタに戻ろう…と弱音を吐きかけていた今年。
でも、地域を学ぶのに避けられなかった食材に挑戦しています。
ヤギが苦手な生徒たちも多く、独特の香りをもった食材をどう若者に魅力ある商品として提供するか。
1か月間ほど子どもたちと試作を重ねてきました。
そして社員たちがたどりついた答え。
「やぎミルクスイーツ」
こんなに素敵な商品が完成!!
『やぎミルクドーナツ&アイスクリーム』
『やぎミルク白玉入り氷ぜんざい』
今週16日(土)10時頃より、興南のオープンキャンパス(興南祭)で中学生社員たちが販売します。
新しいヤギスイーツの魅力、ぜひご賞味あれ!!

タイトルRe^2: 寺子屋ご講演、ありがとうございました。
記事No3818   [関連記事]
投稿日: 2017/09/15(Fri) 22:10
投稿者さかな
藤原さん

早速のご返信、ありがとうございます‼
書籍、拝読させていただきます。
また、一般論は通じない、個別に、というアドバイスありがとうございます。細々でも、続けられるように、まずはやってみます。

ありがとうございました!

タイトルRe: 寺子屋ご講演、ありがとうございました。
記事No3817   [関連記事]
投稿日: 2017/09/15(Fri) 11:30
投稿者カズ
> 強みを伸ばすか、課題を克服するか、その考え方とHOWについて、藤原さんのお考えをお聞かせください。

 マネジャーとして部や課のメンバーを統率、育成する場合は、できないところをできるようにしてあげる、しつけの方が先でしょう。20代であればなおさら。30代はビミョー。40代以上は治らないと思った方がいいから、強みを伸ばすのみ。

 ただし、私は「ベクトルの和」という考え方で、あなたと私のベクトルを平行四辺形とした時の対角線上に双方が目指す目標を設定しようとします。この方が得られるエネルギーが最大になるからです。詳しくは『負ける力』(ポプラ新書)で学んでください。
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591137368/yononakanet-22

> ・児童養護施設でのボランティアをこれからしてみようと思っています。基盤となる家庭教育が不足している環境にいる子どもたちへの支援について、藤原さんのお考えをおきかせください。

 曖昧すぎて、この質問に答えるのは無理です。和田中では横に養護施設があって50人ほどの子が生活しており、そのうち10名が和田中に、20名が和田小学校に通ってました。
 その経験から、一般論は通じない世界なので、現場に入って個別の子に会ってみてから、できることをしてあげたらいいと思います。
 例えば、軽度発達障害でも、5人いたら5人とも特性が違うし、対処の仕方も違うんです。ましてや、同じことをやってあげても、それぞれ、受け止め方が異なるでしょうね。

 健闘を祈ります!

タイトル寺子屋ご講演、ありがとうございました。
記事No3816   [関連記事]
投稿日: 2017/09/15(Fri) 01:21
投稿者さかな
藤原さん。寺子屋ご講演、きいてる人を引き付けるライブ感満載の講演、演劇を見ているようで大変刺激的でした。飲み会では、愛のある方なんだなということを感じました。ありがとうございました。
質問し足りないので、こちらで伺わせてください。

・マネジメントにおける人材育成について、課題を克服するという方向についなりがちですが、強みを伸ばすほうが業績向上に繋がるのではないか、という会話をしています。ただ、ローキャリは課題克服であり、中堅以上は致命的弱みでなければ、強みを伸ばすこと、ということを中心に機会提供〜達成支援をすべきではないかと。
尖った人材が組み合わさって、成果を最大化するというイメージはわかるものの、実践はどのようにするのか、HOWの想像がつきづらい、そんな会話をしています。
強みを伸ばすか、課題を克服するか、その考え方とHOWについて、藤原さんのお考えをお聞かせください。

・児童養護施設でのボランティアをこれからしてみようと思っています。基盤となる家庭教育が不足している環境にいる子どもたちへの支援について、藤原さんのお考えをおきかせください。

毛色の違う質問にて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。