[リストへもどる]
新着記事

タイトル今日の会議
記事No3662   [関連記事]
投稿日: 2017/06/27(Tue) 21:48
投稿者村田敏也
今日の1時間の会社の会議でボクが言った言葉は・・・

「で、それ誰が誰と何時、どうやるの?」

これを8回言って、8つのアクションアイテムができました。

そのうち2つは帰るときには解決されてました。

よくあるのは、説明して終わり。説明に対してコメントして終わり。
それはダメですよね(笑)。

タイトルRe^5: USAでの子育て
記事No3661   [関連記事]
投稿日: 2017/06/27(Tue) 21:44
投稿者村田敏也

> 息子、娘のUSAでの教育を通じて、彼らがどのようにその力を養っていくのか、楽しみです。

USAでの子育てエンジョイしてください。お互い良い経験になるはずです。親も素直に子から学ぶです(笑)。

タイトルRe: VRで死ぬということ
記事No3660   [関連記事]
投稿日: 2017/06/27(Tue) 21:42
投稿者村田敏也

> 「VR の中で死ぬのはどうか。現実的には肉体は病院にあるんだけど、見ている映像は家で、精神的には家で死ねるみたいな」・・・第3の道ですね。

そんな書き込みしてましたか(笑)。あのCラーニングというやつは瞬発力です。まるで50メートル走のダッシュみたいに思いつきを文字にする感じです。ある意味、直感力=素直さかもしれませんね。

妄想と現実の境目のコントロール。バカな妄想は大好きで、その妄想がポジティブマインドを育成してくれてます(大笑)。

タイトルRe^4: USAでの子育て
記事No3659   [関連記事]
投稿日: 2017/06/27(Tue) 07:22
投稿者KOSUKE
コメントありがとうございます。

> その娘も23歳。アメリカでの幼稚園時代の学習が今でも残っています。特にアメリカの「SHOW & TELL」での経験ですかね。自分の好きなものをみんなの前でプレゼンする。幼稚園児ですよ。私はこれが好き。なぜならば、1、2、3。結論を言って理由をのべる。自己主張力が身についているようです。

とても参考になります。娘さんのUSAでの経験をお聞きして、これから不安と期待の気持ちになりました。私も仕事の面で、日本人は現地人に比べ、自己アピールする力が大きく劣ると感じております。息子、娘のUSAでの教育を通じて、彼らがどのようにその力を養っていくのか、楽しみです。

タイトルRe^2: よのなか科のテーマについて
記事No3658   [関連記事]
投稿日: 2017/06/26(Mon) 22:07
投稿者USA
「よのなか科」の場合、どちらが正しいかが明確で両サイドからの議論が成立しにくいもの、その社会を支配する道徳律あるいは宗教的に結論が出てしまっているもの、勧善懲悪のケースは、扱いにくいことがあります。
>
なるほど。難民問題といったテーマの場合、ある程度結論が出てしまっているので議論自体は深まらないかもしれませんね。よのなか科を動画で拝見させていただいていますが、結論を出すことよりも意見を多く出し合うことで、1人では考えつかないようなことを創造することが目的だと思いました。
よのなか科、奥が深いですね。

タイトルRe: よのなか科のテーマについて
記事No3657   [関連記事]
投稿日: 2017/06/26(Mon) 20:53
投稿者カズ
> 難民問題についてディベートをしました。
> かなり考えさせられる問題です。

 はい、重要なテーマだと思いますが、「よのなか科」の場合、どちらが正しいかが明確で両サイドからの議論が成立しにくいもの、その社会を支配する道徳律あるいは宗教的に結論が出てしまっているもの、勧善懲悪のケースは、扱いにくいことがあります。

 例えば、日本は難民の受け入れを法律上縛っていますが、その条件下で、あなたなら「受け入れますか? 受け入れませんか?」では、議論が膨らまないということになります。
 諸外国ではそれぞれの法律下なので事情は異なると思いますが、念のため。

タイトル一条高校の生徒にもいなかった!
記事No3656   [関連記事]
投稿日: 2017/06/26(Mon) 20:43
投稿者カズ
> SNSみるといるんですが、滅多に出会わないんですよね

 本日確認しましたが、1000人以上いる一条高校の生徒にもいなかったです(苦笑)。

タイトルよのなか科のテーマについて
記事No3654   [関連記事]
投稿日: 2017/06/26(Mon) 18:29
投稿者USA
難民問題についてディベートをしました。
かなり考えさせられる問題です。
出典は下記の記事です。
https://globalvoices.org/2017/06/20/offshore-asylum-seeker-detainees-win-historic-compensation-in-australia/

内容を要約すると、難民がオーストラリアの領域に入る前に海上で拘束しパプアニューギニア島のとある施設に収容し、そこで虐待や人権侵害が行われていたようです。オーストラリア政府は関与性について否定しており、あくまで民間業者による行為だと主張している、と言った内容です。
人権団体はこのような行為を政府として見過ごす現状は看過できないと抗議をする一方で、なぜ勝手に潜り込んできた難民に対して補償金を支払う必要があるのかといった批判の声もあるようです。

基本的人権とは何なのか?日本に同じような状況が訪れた場合どう対応するべきか?等々、いろいろ考えさせられました。
かなり難しい内容だと思いますが、人権や難民について考える機会として「よのなか科」のテーマにいいかもしれません。

タイトル王様のブランチ
記事No3653   [関連記事]
投稿日: 2017/06/25(Sun) 19:15
投稿者カズ
 6月24日(土)の「王様のブランチ」で、私が賃借人を募集している「羽根木の森レジデンス」205号室の物件が紹介されました。TV番組中でも、価値がある!と認めてくださったようです。
 http://www.tbs.co.jp/brunch/bukken/20170624.html

 井の頭線沿線で、人気の下北沢(駅前に緑のプロムナードができる予定で工事中)と明大前に大人の足だと歩いて10分強、最寄りの新代田駅(4分)にはプール付きスポーツクラブに加えて図書館も新築されました。羽根木公園にも近いのですが、都内では珍しい森の中の物件。

 隣に「建築界のノーベル賞」とも呼ばれるプリツカー賞を受賞者した建築家の坂茂(ばん・しげる)さんの家があり、南側には星野リゾートの設計で名高い東利恵さんの高級賃貸住宅「亀甲新」(常に満室)が建っています。 
 
 東京在住の方で、本気で住まいたい方は、上記URLにある連絡先にご連絡ください。

タイトルRe^2: すっごくくだらないんですが…
記事No3652   [関連記事]
投稿日: 2017/06/25(Sun) 09:14
投稿者ももも

> 確か大阪府堺市出身だったと思いますが。関西には「森口」姓は割と多いのではないでしょうか?

ありがとうございます(*^^*)
大阪には仕事でもよく来ますので、
いろいろ聞いてみます!

SNSみるといるんですが、滅多に出会わないんですよね〜