[リストへもどる]
新着記事

タイトル塾でよのなか科
記事No3871   [関連記事]
投稿日: 2017/10/19(Thu) 14:13
投稿者satoshi
京都の塾でよのなか科をやっているものです。
当塾では「課題解決科」という名称で、開講しています。
今回、「学習成果発表会」という会を開催し、その中で、英語スピーチコンテスト・書評スピーチコンテスト・課題解決科プレゼンテーションを行います。
課題解決科プレゼンテーションでは、藤原先生とキングコング西野さんの動画でもあった、「地球上50億人がスマホでつながったとき、どのように変化するか」について、中学生がプレゼンします。
塾生、その保護者、また一般にも公開して開催します。
もしお近くに住まわれていてお時間ありましたらご参加いただければと思い、投稿させてもらいました。
開催日時:
11月3日18:30〜20:30
場所:
京都西文化会館ウエスティ

https://www.facebook.com/洛西進学教室-666650123449936/?ref=page_internal

こちらのフェイスブックページにも情報をアップしています。

タイトルRe: 新規事業創出の型
記事No3870   [関連記事]
投稿日: 2017/10/18(Wed) 18:46
投稿者カズ

>新規事業の創出における「型」ってあるのでしょうか。

 ないんじゃないかなあ。
 でも、リクルートの場合は、RINGという新規事業創出の初期的な仕組み(一種のアイディアコンテスト/これについては拙著『リクルートという奇跡』にも書いたし、いろんなところに出てますよ)があり、1年に1度の新規事業祭りとして、皆案を創出し、このシステムに乗せようとします。優勝すれば、半端じゃない予算が付き、マンパワーが配されるからです。受賞を承認した取締役は立ち上げの責任を負います。40年近く続いています。もはや伝統ですね(笑)。
 「受験サプリ/現・スタディサプリ」事業もここから生まれました。

タイトル新規事業創出の型
記事No3869   [関連記事]
投稿日: 2017/10/18(Wed) 09:58
投稿者takas
はじめまして。あすか会議の動画を先日拝見してから
「必ず食える
1%の人になる方法」
「35歳の教科書」
「負ける力」

読み、情報編集力やつなげる力、ベクトル合わせって大事だな〜と感心
し実践できる所から行動しています。

さて、藤原さんはリクル
ート時代に新規事業の立ち上げを経験されているかと思うのですが、新
規事業の創出における「型」ってあるのでしょうか。

当方は修
正主義の時代で新規事業をやっていくのはでっかく設けるよりも、小さ
く設けられる事業をたくさん出し続ける方が良いのではないかと思って
います。

組織で新規事業を創出する場合は当方だけでなく、当
方の異動も考えられる為、出来るだけわかりやすい型に落として新規事
業のプロセスを標準化出来た方が会社にとっても良いのではないかと考
えている為です。

藤原さんのお考えをベンチマークに今の会社
との差分をあぶり出して
修正する点を見つけたいと考えています。


何卒よろしくお願い致します。

タイトルマンション管理組合
記事No3868   [関連記事]
投稿日: 2017/10/17(Tue) 22:59
投稿者USA
中古マンションを購入して早1年半。
今会計年度より理事に任命されたので、管理組合の理事会に参加しました。
理事の方々の年齢はバラバラ。おそらく30代の私が最年少。上は80代くらいの方もいらっしゃいます。
生まれて初めて理事会なるものに参加してきましたが、実に勉強になりました。
例えば今流行りの民泊をマンションで禁止するとした場合、管理組合の総意として「管理規約」に民泊の禁止事項を明記する必要があること、しかしその「管理規約」自体には法的拘束力がないことから、仮に違反する方がいた場合は民事訴訟を提起するなどの方法が必要だということ、などなど。

何より普段会話することのないマンションの住人の方々と接することで、皆さんの人となりが少しでもわかったことが良かったです。

「坂の上の坂」を読んでいなければ、おそらく理事会など面倒で仕方ないものだと感じていたと思います。しかし主体者意識をもって積極的にコミュニティに参加することで得られるものは大きいと実感しました。

タイトルRe^2: よのなか科
記事No3867   [関連記事]
投稿日: 2017/10/16(Mon) 20:18
投稿者ノリ
ありがとうございます。
普段のよのなか科では、大人の交流会があるのですね。ということは、もう一度行く口実ができました!
ともあれ、28日を楽しみにしています。
ちょうど紅葉の時期かと思いますので、観光を兼ねられればと考えています。

タイトル11月24日公開授業
記事No3865   [関連記事]
投稿日: 2017/10/14(Sat) 16:49
投稿者カズ
 11月24日(金)一条高校の教員向け(塾の先生や教育委員会、市議会議員なども歓迎です)研究大会の公開授業のメニューが決まりました。ふるってご参加下さい!
 文部科学省から初等中等教育局長と次期高校指導要領の改訂に関わる教育課程課係長も参加予定です。

 公開授業のメニュー
 http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1500512557336/simple/jugyouitiran.pdf

 申し込み要領
 http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1500512557336/simple/ichijo-koukaijugyousaishu.pdf

タイトルRe: よのなか科
記事No3864   [関連記事]
投稿日: 2017/10/09(Mon) 16:23
投稿者カズ
> しばらくぶりの投稿です。
> 10月28日のよのなか科の授業に参加させていただきます。休みとチケットがとれました。
> 今から楽しみです。
> ところで、学校まで行き、どのような手続きで参加させていただければいいのでしょうか?

 手続きはいりません。
 正面玄関で記名していただくだけです。

 ただし、この日は午前10時半からですが、特別編で、普段の「よのなか科」とは違うテーマです。一条高校の講堂を建て替える話が中心となります。また、その後の交流会のような大人の情報交換会もありませんので、12時解散となります。
 ご理解ください。
 奈良が久しぶりであれば、興福寺仮金堂の阿修羅他国宝展示は見ておいて損はないでしょう。秋は混み合いますので、念のため。

タイトルよのなか科
記事No3863   [関連記事]
投稿日: 2017/10/09(Mon) 14:14
投稿者ノリ
しばらくぶりの投稿です。
10月28日のよのなか科の授業に参加させていただきます。休みとチケットがとれました。
今から楽しみです。
ところで、学校まで行き、どのような手続きで参加させていただければいいのでしょうか?

タイトルRe: 塾・予備校の講師の学歴について
記事No3862   [関連記事]
投稿日: 2017/10/09(Mon) 08:56
投稿者カズ
> 塾・予備校の講師でご自身の学歴を完全非公開にしている方がおられますが、藤原先生はそのような方々をどう思いますか?

 教える技術が素晴らしかったり、児童生徒が慕って勉強したくなるオーラがある人なら、いいんじゃあないでしょうか?
 少なくとも、塾・予備校の側ではチェックをかけているんでしょうから。

 教職免許を持っていても教員として相応しくない人物がいます(一応、教職は取っておこうというものも含めて)。いっぽうで、免許は持っていなくても、また自治体の教員採用試験に受かっていなくても、指導力のある人物はたくさんいると思います。

タイトル塾・予備校の講師の学歴について
記事No3861   [関連記事]
投稿日: 2017/10/09(Mon) 08:24
投稿者TS
むかしから抱いていた疑問というか思いなのですが、ご回答いただければ幸いです。立場上、ご回答は厳しい場合はスルーで構いません。

塾・予備校の講師でご自身の学歴を完全非公開にしている方がおられますが、藤原先生はそのような方々をどう思いますか?

私は、そのような方々にはあまり良い印象は持っていません。
なぜなら、学歴を取りに来ている生徒さんに対して、指導する側が自分の学歴を隠すというのは、生徒さんたちに対して失礼ですし、示しがつかないと思うからです。
他人に言えない学歴なら、今から受験すればいいだけで、受かっても入学しなければ若い人のイスを奪うことにはなりません。