よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル サピエンス全史
投稿日: 2017/02/21(Tue) 05:11
投稿者カズ

 「サピエンス全史」・・・この本には参りました!

 上下巻500ページですが、読書が習慣になってる読者には、圧倒的に勧めます。
 翻訳ものですが、読みやすいんです。

 例えば、こんな感じ・・・ 下巻、180ページあたり。
「肥満は消費社会にとって二重の勝利だ。食べる量を減らせば経済は縮小するが、人々はそうする代わりに食べ過ぎ、そも挙句、減量用の製品などを買い、経済成長に二重に貢献しているからだ。」

「倫理の歴史は、誰も達成できない素晴らしい理想の物語だ。キリスト教徒の大半はキリストを真似ず、仏教徒の大半はブッダに倣えず、儒者の大半は孔子に癇癪を起こさせただろうような振る舞いを見せた。
 それとは対照的に、今日ではほとんどの人が資本主義・消費主義の理想を首尾よく体現している。この新しい価値体系も楽園を約束するが、その条件は、富める者が強欲であり続け、さらにお金を儲けるために時間を使い、一般大衆が自らの渇望と感情にしたい放題にさせ、ますます多くを買うことだ。これは、信奉者が求められたことをやっている、史上最初の宗教だ。だが、引き換えに本当に楽園が手に入ると、どうしてわかるのか? それは、テレビを見たからだ。」

 筆者のこの感覚に共感しながら、目からウロコの濃い〜い内容が読めますよ。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー