よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル リクルートの研修会にて(質問に答えます)
投稿日: 2017/02/22(Wed) 19:50
投稿者カズ

 リクルートの研修会で、スマホから発信された質問に全て答えてみようと思います。
 かなり、無謀ですが・・・(笑)。まず、最初の10問。無記名ですから公開してもいいでしょう。個人が特定されないように、ビミョーな質問はちょっと変えてあります。

1 中学生が不登校です。見守る親にアドバイスやヒントを頂きたいです。

 これは一番難しいんです。人間関係なのか、環境なのか、才能があってなのか、実は原因がよくわからない場合も多いんです。個別事情が分からないのに、安易にアドバイスは無理。学校の一斉授業や集団行動がシステムの限界にきていることは確かです。早めに適応指導教室(自治体によって名称は様々だが、人間関係に悩まされず、個別進度で個別学習が可能な教室)に行かせるのがいいのか、フリースクールがいいか。高校になれば、クラーク国際のような学校もたくさんあるしね。
 
2 校長になられた理由を知りたいです。

 本に書いてありますから読んでください(笑)。教育評論家では世の中は変わらないし、特に現場は特有のメカニズムで動いており、教育委員会に権力があってその通りに進むわけでもないのです。また、政治家になって文科省の大臣になっても、それほど変えられるわけではない(5年やれれば変わるかもしれないが)。で、現場に参戦して火中の栗を拾い、校長が変わると学校をどこまで変えられるか、証明してみせようと考えました。

3  クレジットが大きいかどうかの測り方はありますか?

 現金化した報酬額+人生上、ビジネス上の自由度という計算になりますね。ただ、クレジットの本質は、あくまでも「他者から得られる信任(共感と信頼の関数)の総量」ですから、他者から見てどうか、です。政治家なら「得票数」でしょうし、米国の大学ではクレジットは「取得単位」のことを指します。なんといっても「得票数」は一番わかりやすい指標ですよね。だから、選挙を一度やるとやめられないっていうんでしょうね(笑)。

4  やりたいことを見つけるためには?

 手数をたくさん出すこと。行動してないと巡り合う確率が下がります。チャンスの神には後ろ髪がないと言われますが、これと思ったら飛び込むこと。勇気というより、無謀さの勝負なんです。それと、やりたいことを「見つける」というのは誤りで、やりたいことは「つくる」ものです。自分で創り出さなければ、デパートに並んでいたり、どこかにあって探し出せるようなものではない。幸せの形も。

5 藤原さんの5年後は、どのように考えてるのでしょうか
 
 未知数です。ただし、100万分の1の希少性(レアさ)を確保していると、ある程度選ぶ自由があります。150人くらいのチーム藤原の仲間が「オーッまたやってくれたな」とサプライズするようなものですね。

6  オススメの本の4つめのタイトルを教えてください。

 『リクルートという奇跡』『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』『藤原先生、これからの働き方について教えてください。』『本を読む人だけが手にするもの』そして近著『10年後、君に仕事はあるのか?』をお勧めしました。このほか、子育て中の親だったら圧倒的に『父親になるということ』(日経ビジネス人文庫)を推します。私の子育て失敗体験のオンパレードなのですが、もう、こんな本は書けません(苦笑)。あと、小説もあるんですよ。http://www.yononaka.net/toshokan/index.html

7 3歩目を奥さんに相談せずに踏み出したことで、奥さんに怒られましたか?

 無謀なことをやる人物だという評価は元からあったと思います(微笑)。ただ、後から文句は言われました。後の祭りです。まあ、37歳で突如としてヨーロッパに出たのも(しかも4歳の長男を連れて、カミさんは臨月で)無謀だったかも。「パリに行く」と妻に告げた翌日、帰宅すると妻はNHKの「フランス語」講座を嬉々として聞いてましたが・・・。

8  ロールモデルがいないという話なのに空気読めない質問で申し訳ありません先生の思われる、八ヶ岳型の生き方見本のかたはどういう方ですか?できれば知ってるかたでお願いいたします!

 スイマセン、まず私はリクルートから、中学校長、東京学芸大客員教授、高校の校長ときていまして、現在はテニスのコミュニティ仲間が一番大きいです。東北震災からずっと石巻市雄勝のMORIUMIUSの活動を支援しており、ラオスを中心に義務教育を受けられない子のために学校を作るAEFAの活動を支援するためにWANGという基金を設立しました。スズカンという友人は、経産省課長補佐>慶應大学>民主党の政治家>文科省副大臣>東大と慶應の教授で国際派です。いくらでもいると思いますよ。ちなみに私は75歳くらいから20年かけて芸術家として死にたいと考えています。約束はしませんが。白洲次郎という男を調べてみてください。

9 今のリクルートに対する期待や不満があれば教えて下さい。

 思う通りに思いっきりやってほしいというだけです。不満はありません。諸先輩があれこれ注文をつけるかもしれませんが、うるさかったら、「あなたは今のリクルートでは通用しませんよ」と言ってやってください(爆笑)。

10  3つ目にとても悩んでます!好きな事を選ぶよりも、戦略的に3つの掛け合わせを考えてチョイスすべきなのでしょうか?

 悩んでください。この問題で悩まなくて、どこで悩みますか。これは安易にアドバイスできることではないのです。ただ、2つ目までは近いところで選べばいいのですが、3つ目は離れた分野に飛び出た方が三角形の高さが出るので、希少性が高まり、クレジットの面積が広がります。培った「編集力」の勝負なんです。私だって3歩目は47歳ですよ。テーマを確定できたのは、中学校長を退任した52歳の時です。まだまだ試行錯誤してもいいんじゃあないですか?


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー