よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 騎士団長殺し
投稿日: 2017/03/05(Sun) 19:30
投稿者学浩


>  村上春樹さんの『騎士団長殺し(第一部、第2部)』を読み終わった。文句のないベストセラーだと思う。しかし、朝日新聞の本日の書評も、非常にビミョーな表現だったように、私も、あえて一言述べるタブーを冒してみよう。断っておくが、書評ではない(私ごときに村上作品を書評するだけの教養があるとは思えないから)。

私も、今日読み終えました。この土日で一挙に読みましたので、
連続映画を2本観た感覚です。1冊1800円ということも含め。

私は、ハルキストです。学生時代は、全く本を読まない人間でし
たが、社会人となり「このまま、本と関係のない人生を送るか?」
と考えていた時、書店で一番分厚い本を選び、「これを読み終える
ことができるかどうか?」で選んだのが、村上春樹の【世界の
終わりとハードボイルド・ワンダーランド】でした。

そこから、翻訳物を含めほとんど読んでます。
一番好きなのは、短編集の中の作品なのですが、阪神淡路大震災後
に書かれた「蜂蜜パイ」です。

今回の騎士団長殺しは、主要登場人物の1人の年齢が54歳という
設定で私と同じなので、興味深く読みました。といっても境遇は
全く違うのですが…、

合計1000ページで、とても響いたフレーズは、「大事なことは、
無から何かを創りあげることではあらない。諸君のやるべきは
むしろ、今そこにあるものの中から、正しいものを見つけ出す
ことなのだ」。

映画2本分は、楽しめました!!


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー