よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル ちょっと(お)フランスから・・・
投稿日: 2017/03/19(Sun) 19:41
投稿者バルトルディ < >

初めて投稿させていただきます。
以前から藤原氏には興味(?)を持っていたのですが、今回たまたまグロービスやG1の動画を見る機会があり、居ても立っても居られず書かせて頂きます。
私は東京の一般企業で働き、その後私立の某中高で教員をし、現在はフランスの現地高校と大学で「日本語教師」、日本人補習校で「小学校教員(?)」をしております。
夏休みは一時帰国し、日本の実態を知る為に某デパート店員や某進学塾でバイトをして楽しんでいます。
以前から「やばい!」と思っていた教育を根底から改革しようとしている方々が居ることにホッとしました。
フランスで働いて20年以上になりますが、フランス人にとっては憧れの国である日本なのに、日本に戻る度に「大丈夫?日本・・・?」と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。
フランスには「学習指導要領」みたいなのは有りますが、日本のほど詳しくありません。いつも疑問だったのですが、1時間授業での時間の使い方まで分刻みで記載してあり不思議です。だいたい、本屋に並ぶ「教師用のマニュアル」の多さにもびっくり! フランスには有りません!
入試? 有りません! ただ、入ってから学力が無ければ落とされます。日本のように全員が大学を目指しません。中学3年から研修をうけなから最低限の学業も続けられます。
だいたいマークシート試験って単なる◎付け側の手抜きですよね。しかも全ての入試は鉛筆で書く・・・。消して書きなおされる可能性は無いんですか?
夏休みに我が子達は日本の小・中へ体験入学生として約1か月通っていました。毎日が?マークの連続でした。
書き入れないほど「日本の教育って不思議」です。
日本の改革、期待しています。 若者を育てていかなければ日本は無くなります。 どうしてその危機感が日本人には無いのか不思議です。
今年の夏も一時帰国致します。機会があったら藤原氏の講演会に参加させて頂きたいです。
宜しくお願い致します。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー