よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 質問
投稿日: 2017/07/18(Tue) 06:16
投稿者カズ


> 嫌な事があればやらなくてもいい時代に変わってきているような気がしているのですが、好き嫌いの及ぼす影響等
> 藤原先生のご意見をお聞かせいただけると幸いです。

 なるほどねえ・・・面白い課題ですね。

 私自身はかなり食べ物の好き嫌いがある子だったと思います。一人っ子ということもあり、母が十分に対応してしまった環境もあるでしょう。アレルギー体質だったことも。しょっちゅう皮膚科のお世話になってました。じんましん系です。

 ただ、大人になって、というよりお酒を飲むようになってからかなあ・・・明らかに好みが変わりましたよね。ウニもいくらも、マグロのトロも嫌だったものがOKに。また、フォアグラのように、日本では臭みが残ったものしか食べられなかったので嫌いだったものが、パリのフォンテーヌブローで本物を味わって、意識が変わるとか。今では、好き嫌いはほぼありません。スイスで間違ってオーダーして一口も食べられなかった「ブルーチーズのフォンデュ」だけは苦手です(爆笑)。

 子供にしても、にんじんを食べられなかった長男が、ある日、友人の家でご馳走になったにんじんサラダが美味しくて(レモンで味つけていた)、それ以来、大好きに。これは製法の問題ですね。

 ニラやレバーやピーマンも、お酒を飲むようになったら必須のアイテムになるのだから、まあ、放っておいてもいいのかなあと感じる面もあります。
 ただし、給食は美味しい方がいいと思ったので、和田中ではかなり細かくフィードバックして日本一美味しい給食を目指し、文部科学大臣賞をとりました。一条高校でも、食堂にほぼ毎日通って、厨房(なかなか頑張る業者が入っています)にFBしています。麺類のスープの味はいいのですが、麺自体のコシが弱いので、今、ちょうど改善要望しているところです。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー