よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 遊び、留学、コミュニティ
投稿日: 2017/08/05(Sat) 09:08
投稿者カズ

 情報編集力を高めるのに(あるいは基盤を強化するのに)効くのは、本の中でも、まず、10歳までにどれほど思いっきり遊んだかだと話しています。次に、留学。あとは、コミュニティに首を突っ込んで組織での仕事とは違うモードの自分を育てることです。

 教員であっても、「留学」機会はあるでしょう。一番刺激的なのは、海外の日本人学校を経験すること。次に、企業での仕事を1〜2年体験できるシステムを持っている自治体もありますよね。
 大学院に進学したり、文字通り国内の教育大への「留学」を許す自治体も。

 あとは、異なる世界の人材と混じることができるコミュニティへの参加です。教員同士の研究・研修組織ではなくて。被災地(例えば東日本大震災後の石巻)で復興活動している場には支援のコミュニティがあります。鳥取でも、熊本でも・・・。
 例えば、私の友人が住民票を東京から石巻に移して取り組んでいる「モリウミアス」もその例。
 http://moriumius.jp/#partners

 そういうコミュニティに加わって自分のできることから協力していると、1万時間(5年から10年くらい)でそのコミュニティにおける立ち位置(ポジション)や居場所ができていくでしょう。
 そこに、自分の新しいネットワークができて、違うモードの情報が流れ込んだり、違うモードで考えられるようになっていくはずです。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー