よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 1月19日DMM亀山会長と
投稿日: 2017/11/23(Thu) 22:00
投稿者USA

>  1月19日(金)のDMM亀山会長と私のトークショーが、超人気で増枠されました。

DMM 英会話歴2年です。
毎日世界中の人と話しています。
DMM 英会話のおかげで会話力は飛躍的に伸びたと思います。「映像で脳が繋がる」を日々体感しています。

オンライン英会話を2年間続けたことでの自分の変化
@外国人と話すことに抵抗がなくなった
オンライン英会話を始めるまでは外国人と話すなんてとんでもないことだと思っていました。見知らぬ日本人に日本語で話すことだけでも緊張するのに、ましてや外国人なんて。そんな感覚です。
しかし2年間も毎日毎日話しているとそんな感覚はなくなります。
同時に奇妙な感覚にもとらわれます。
昨日はセルビア人、今日はボスニアヘルツェゴビナ人、明日はフィリピン人、その次はジャマイカ人、などなど毎日違う国、違う人と話していると物理的には離れていてもあたかもすぐ近くにその人がいるような感覚にとらわれるのです。何をもってグローバル化、ボーダレス化というのか僕にはわかりませんが、僕の中ではもうすでにグローバル化は訪れています。

A日本を大事にするようになった
英語でいろんなテーマについて話していると、「外国ではこうだけど日本ではどうなの?」といった話題に大体なります。その時に自分に学がないために日本について語ることができないのです。そのため今は時間が許す限り本を読むようにしています。

B英語はコミュニケーションのツールに過ぎないと割り切れるようになった
毎日英語を話しているとAでも述べたように、会話の中で「結局自分は何を伝えたいのか」ということを突きつけられます。そうなると事前にある程度知識を備え会話に臨むというスタンスになってきました。
何年も英語を勉強してて思うのは、日本人がネイティブのように話すことはそもそも無理だと割り切る勇気も必要だということです。それこそ正解主義の弊害だと思います。完璧を目指すがあまり動きがとれないのであれば元も子もありません。トライアンドエラーの精神が大事だと思います。
事実として英語は世界中で話されていますが、その英語ユーザー人口の半数以上はノンネイティブで占められています。
ネイティブにはなれなくても英語はコミュニケーションのツールに過ぎないと割り切ってからはミスを恐れずどんどん話せるようになりました。

藤原さんがDMM 会長と対談するということで、DMM のいちユーザーとして体験談を述べさせていただきました。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー