よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル ダンジョンの階段を[しらべる]ことができる初代ドラクエのような「よのなか科」を期待
投稿日: 2018/01/26(Fri) 00:16
投稿者佐藤 未悠 < >

藤原先生こんにちは。
1月のよのなか科の動画を見たので(私用で出席できませんでした、残念)ちょっと私見を。


正直言って、処理脳より編集脳の重要さを語っているよのなか科の進行自体が処理的すぎる(藤原先生が完全に制御してイレギュラーの発生する余地がない)と感じました。
そして概して人は相手の「言ってること」より「やってること」の方を敏感にキャッチしてその場での身の振り方を調整します。


宮台真司さん(藤原先生と共著も出してますね、読みました)は、朝ナマで「そもそも論」を展開しようとして炎上したウーマンラッシュアワー村本さんを下記のように擁護してました。 https://www.youtube.com/watch?v=aEMpgeSIXaA&t=2657s 15:50〜
「英語では『自明性』はobviousnessとfamiliarityの2つがある。『自明の理』などはobviousness。familiarityは慣れ親しんでいる。いわば概念の自動的な連結による決まり文句って言うのは慣れ親しみ(=familiarity)なんですよ(人間理性に基づいた自明性じゃない)。これはセンテンスに開いてみると実は(familiarityではあっても)obviousnessじゃないってことがはっきり解ったりするんですよ」

私はこれをドラクエの[かいだん]コマンドで例えたりしてます。
初代ドラクエはマップ上の階段に移動したあといちいち[かいだん]コマンドを選択しないと階段を昇降しません。しかしドラクエ2以降ではマップ上の階段に乗っかると自動的に昇降します。
この仕様変更でゲームは円滑化しましたが、階段に乗っかると勝手に昇降してしまうため階段上で[しらべる]コマンドを使うことが原理的に出来なくなってしまった。
でもリアルに考えると(城や街の階段はまあいいとして)ダンジョン内の階段って昇降する前に[しらべる]必要あると思いませんか?
ダンジョン内の階段なんて、管理会社が定期的に安全性点検してるわけじゃないだろうし、敵が罠をはってるかもしれないし…(ドラクエ2の勇者御一行は緊張感無さすぎ!)

このように「リアルに考え」てfamiliarityによってスルーしていた自明性に楔を打って[しらべる]訓練こそ「よのなか」科の目的だと勝手に解釈しております。リアル=「よのなか」ですから。


藤原先生は「学ぼうとする大人の姿勢を見せることが一番生徒たちの学習のモチベーションを高める」と言ってました。全く同感です。
しかし藤原先生にとってよのなか科の進行、例えばよく使われる「一般的に白いものを黒くする」という演習がfamiliarityになって緊張感を失ってはいないでしょうか?
そして大人のfamiliarityに依拠した物言いは知らず知らず権威的になり、obviousnessに基づいた発言を締め出してしまうおそれがある、と思います。

そこで勝手な提案。
よのなか科の授業をより編集型にするために、毎回参加者に「白い」以外の形容詞を聞いてみて、それを逆転させてみてはどうでしょう。怖い、熱い、薄い、怒りっぽい、凛々しい等々。
そうすると今まで見えなかった色々な問題―例えば「逆転」という操作が一様ではない(『ドラえもん』4巻4話「アベコンベ」の回を見るとよくわかる)―ことに気づくと思います。
個人的には、思い通りに授業が進まなくて慌ててる藤原先生を見てみたい(笑)

またゲームで例えると、「プリレンダリングではなくリアルタイムレンダリングでの授業を!」ってことです。


なんだか藤原先生やよのなか科に対して批判的な事を書き連ねましたが、「よのなか科」という場、そしてそれを作った藤原先生は超偉いと思っております。←コレは社交辞令でもなんでもなくて全くの本心。

2月のよのなか科はぜひ参加させてもらいます。


※時間的制約があるので現実的にはよのなか科をfamiliarityで進行せざるをえない事情もよくわかるので、obviousnessの議論は「よのなか科 補講」としてこちらの「よのなかフォーラム」でさせてもらうかもしれません。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー