よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 落語は素晴らしい
投稿日: 2018/06/13(Wed) 19:15
投稿者USA

『落語は素晴らしい(噺家10年、根多が教えてくれた人生の教え)』(ヨシモトブックス)月亭方正

『ガキの使いやあらへんで』でも有名な落語家月亭方正さんのお話です。処世術を15本の落語根多をベースにわかりやすく解説してくれています。落語の勉強にもなりますし、月亭方正さんの博識ぶりにも驚かされます。

なぜ僕がこの本を手にしたかというと、僕自身が毎日DMM英会話で自作の絵本落語『寿限無』を先生に披露しているからです。
『だるまちゃんとかみなりちゃん』(福音館書店 加古里子)を息子に読んでいる時、ふと「自分でも何か絵本を作ってみよう」と思いたちました。その時たまたまDMM英会話の教材で落語家である桂サンシャインさんをテーマとした記事がありました。そこで桂サンシャインさんの落語『寿限無』をYouTubeで見てみたらあまりにも面白くて笑い転げ、これをネタに絵本を自作することにしました。
「パイポ、パイポのちょうすけ〜」と言いながら息子も喜んで聴いてくれています。
そしてせっかくなら日本の伝統芸である落語をDMM英会話の先生にも披露してみたいと思いました。しかし落語家でもなく噺家でもない僕に落語をうまく伝えられる自信などありません。そこで『第五の権力』(エリックシュミット ダイヤモンド社)のことを思い出し、「映像で脳を繋げれば落語が通じるのではないか」と発想しました。つまり息子に描いた絵本を使って先生にイメージを与え補足的に英語で説明すれば通じるのではないかと思ったのです。
そこでまず桂サンシャインさんの『寿限無』をYouTubeを見ながら文字に起こし、それを暗記し自作絵本を使いながら英語で先生に披露してみました。
落語の威力はすさまじいです。もう何十人もの先生に絵本落語を披露していますが、僕の拙い英語を補って余りあるくらい国籍問わずほぼ100%通じますし、ウケます。
月亭方正さんも本の中で述べられていますが、落語には普遍性があるため誰にでも通じるのだと思います。
落語は日本が誇る偉大な文化だと思います。


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー