よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: ワールドカップ
投稿日: 2018/06/22(Fri) 08:30
投稿者カズ


> ある大学教授は「日本では学校で常に教室を綺麗にするよう教育されているのでこのような行動ができる」と説明していました。

 日本の学校では、先生の仕事として、学習指導に加えて、生活指導(高校では生徒指導)が重視されます。
 小学校では、挨拶運動に加えて教室や廊下の掃除の仕方、雑巾の絞り方から、給食を均等に配ったり、完食することの奨励などが、当たり前に教育され、中学高校にまでその気風は続きます。さらに、中高では部活を通じた人間教育が重視されています(一部過剰な指導もあるとはいえ)。

 欧米では一般に、こういうことは先生の仕事の範囲外で、家庭教育とコミュニティでの宗教教育の一環だとされます。
 フィンランドに視察に行った時、教室でガムを噛みながら授業を受けている子を先生がまったく注意しない光景にも出会いました。

 どっちがいいとは一概には言えませんが、途上国の教育関係者の羨望の的である「ニッポンの生活指導」は先進国でも真似するところが出てきているくらいなんです。
 挨拶ができる、約束を守る、人の話を聞くことができる、の3つは人が他者を信用する基盤となる「三種の神器」だと思うので、日本の学校教育がこの基礎的人間力の基盤作りを重視しているのは理にかなっているように思います。

 知識を覚えたり情報を処理したりする力が次第にAIやAI武装したロボットに代替されていく未来には、「人間味」とか「人柄(ひとがら)」とか「人格」が、かえってクローズアップされることになるのでしょうから。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー