よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 教育ICT展にて
投稿日: 2018/08/03(Fri) 01:07
投稿者MOMO

5/31(木)のNews Picksのセミナー以来の藤原節を聞きました。
あの時に名刺をもらっていただいた肝っ玉母さんです。

本日(8/2)のパネルディスカッション、
藤原先生が15分間に命をかけて切り替えてくださり、 質問タイムに生き返りました。(笑)
最後に耐えきれず、爆弾を落としてしまいましたが…。
教育委員会からは、現場の先生方の問題が見えていないのでしょうか?
小学校でアクティブラーニング形式の授業に慣れ親しんだ子どもが、同じ校区の中学校に進学して、講義型の授業、軍隊式の集団行動を強制され、学校に行くのが苦痛だと訴えるようになりました。
昼食の時間ですら、私語を慎み、全員が前を向いて食べるといいます。理由は次の授業に遅刻しないようにするためだそう…。担任にやんわりと抗議しましたが、学年で決まっていることなので、変えられないとのこと…。
なぜ小学校から中学校に進学して、そんな先祖返りが起きるのか?
学校は本来『社会性を身につける場』ではなかったのか?
先生は子ども達に舐められないよう、上から強圧的に指導しているそうですが、逆効果なのに…軍隊式に主体性も対話性もあったもんじゃない。
ICT教育以前の問題があるように感じています。

アクティブラーニングについては、中学校の先生にこそ学んでいただきたい。そのツールにICTを使えば、先生方の事務作業でさえ軽減されるはずなのに…。
子どもの中学校には、事務作業に忙殺されてアクティブラーニングを勉強する時間がなかなか取れないという若い先生もいらっしゃいました。
ベテラン先生に逆らえない…、先生方の上下関係も若い先生の発想力を奪っていないですか?

そんな今日、帰宅して見たニュースに驚愕…。
全国学力テストの結果が20の政令市で2年続けて最下位だったことを受けて吉村市長が出した方針…。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6292118
先生方を教え子の学力テストの点数で評価なんて、きっとまた子ども達にしわ寄せが来ます。。。

暗記やパターン学習の勉強圧力は、これからの教育にそぐわない。
社会に出ても役に立つ部分はほとんどない。
民間企業の経験がない先生方に、お役所の方々に、どうしたら分かってもらえるのでしょうか…。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー