[よのなかnet]は、“新しい日本人”のライフスタイルを模索するサイトです。
編集長の藤原和博を中心とした編集スタッフが、1999年10月から“新しい日本人への企画書づくり”のつもりで、ネットへの参加者とともに[よのなか]ネットを運営しています。

 1998年にベストセラーとなった「処生術〜生きるチカラが深まる本」(新潮社刊)での新しい生き方の提案と、1999年のベストセラー「人生の教科書[よのなか]」(筑摩書房刊)での社会を観る新しい眼の提案を中心に、団塊世代のあとに続く“レイトカマー(遅れてきた人々)の幸福観”を追いかけます。



藤原 和博 (ふじはら かずひろ)
教育改革実践家
杉並区立和田中学校・元校長

1955年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、1993年よりヨーロッパ駐在、1996年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。08年〜11年、橋下大阪府知事ならびに府教委の教育政策特別顧問。著書は『人生の教科書[よのなかのルール]』『人生の教科書[人間関係]』(ちくま文庫)など人生の教科書シリーズ、『リクルートという奇跡』(文春文庫)、『校長先生になろう!』(日経BP)、ビジネスマンの問題解決に必須の情報編集力を解説した『つなげる力』(文芸春秋社)等。日本の技術と職人芸の結晶であるブランドを超えた腕時計「japan」(左竜頭、文字盤漆塗り)を諏訪の時計師と共同開発、詳しくはこちらに。

◆さらに詳しいプロフィールはこちらに。